南海福祉会について COMPANY PROFILE

ご挨拶

社会福祉法人南海福祉会は昭和53年に設立され、民間社会福祉法人の運営する特別養護老人ホームとしては、高知県下において2施設目となる土佐中村ふるさとホーム(現・四万十の郷)の運営を開始しました。平成9年には高知市布師田にグランボヌールを開園し、40年に渡り地域の皆様のご支援をいただきまして法人・施設運営をしてまいりました。

世界的にも例の無い超高齢化時代を迎えるにあたり、故郷高知の高齢化の進行と福祉のニーズの多様化に対応するため、地域に根ざした介護福祉事業に取り組んでおります。ご利用者様、その御家族、地域の皆様から信頼され、安心して任せられる施設・事業所として、地域に貢献できますよう職員一同日々研鑽、質の向上に努めてまいります。

法人理念

私たちは地域に開かれた
地域に愛される
地域に信頼される
施設を目指します

法人の概要

法人名称 社会福祉法人 南海福祉会
所在地 高知県高知市布師田字宮ノ辺1362番
定款登載年月日 昭和53年8月3日
認可年月日 昭和53年7月15日 第731号
代表者 理事長 曽我部 視
定款

情報公開

報酬等の支給の基準

法人沿革

昭和53年7月 社会福祉法人南海福祉会設立
昭和54年6月

四万十市蕨岡に「土佐中村ふるさとホーム」開園(定員50名)

昭和61年12月 土佐中村ふるさとホーム ショートステイ事業開始
平成5年6月

土佐中村ふるさとホームを定員80名に増床

土佐中村ふるさとホーム デイサービス事業開始

平成9年5月 高知市布師田に「グランボヌール」開園(定員80名)
平成9年6月

グランボヌールデイサービス事業開始

グランボヌールに東部地域高齢者支援センターぬのしだ出張所開設

平成9年9月 グランボヌール ショートステイ事業開始
平成10年9月 高知豪雨で被災(高知警察本部 98高知豪雨災害写真)
平成12年4月

土佐中村ふるさとホーム 居宅介護支援事業開始

土佐中村ふるさとホーム ホームヘルプサービス事業開始

グランボヌール 居宅介護支援事業開始

平成14年10月

グランボヌール 天皇皇后両陛下 行幸啓を賜る

平成15年4月 土佐中村ふるさとホーム 障がい者ホームヘルプサービス事業開始
平成17年4月

グランボヌール 障がい者ショートステイ事業開始

土佐中村ふるさとホーム 障がい者ショートステイ事業開始

平成23年6月

土佐中村ふるさとホームを四万十市安並に新築移転、

施設名称を「四万十の郷」に変更